WORK SHOP | gotica陶芸工房

WORK SHOP

明かりの家は、粘土を板状にスライスした「タタラ」を用いて作ります。数種類の土のブレンドを試行錯誤し、何度も失敗しながらやっと今の土の配合にたどりつき、作家としての作風も定まりました。一般の方にもこの焼き物を楽しんでもらいたいと思い、ワークショップも開催しています。

ワークショップではまず、お好みの家の形を選んでいただきます。粘土を板状に伸ばしたタタラから屋根や壁を切り出して家を建ち上げます。窓や扉を開けたり模様を彫ったり、煙突をつけたり、自由な発想を形にしていきます。

ワークショップの後半は台座となる庭作り。夢中になれる楽しい時間です。バルコニーやベンチ、犬や猫、樹木などのアイテムを心の赴くままに配置します。
写真はお客さんの作品です。SNSでもっとごらんいただけます。このページの下のボタンからどうぞ。

粘土作品が完成したら、作品は工房で大切にお預かりして乾燥〜素焼き〜色つけ〜本焼きなどの工程を経て、2〜3ヶ月後に作品が完成します。

宅配便で送るか、再訪により直接のお渡しとなります。

お店はしていません

仕入れの方は事前にご連絡いただきますよう、お願いいたします。